5歳、私達は野球に出逢い、魅了された。



12歳、大切な人を失い、ボールを握られへんくなった私に、君はこう言ってくれたんだ。


「泣くなや。俺が甲子園に連れてったるから……」


ずっと、ずっと信じとった約束。


離れることなんか絶対にないんやって、思ってたのに……



13歳、先に手を離したのは私の方で。



15歳、いかに自分が愚かだったかを知った。



――そして、18歳。


『藤宮打ったー!』


君は遠いテレビの向こう、真っ青な空の下を駆けていた――……。



*-------------------*

葉山呉羽-kureha hayama-

×

藤宮誠-sei fujimiya-

*-------------------*





あの日、星空の下で交わした約束は、まだ有効ですか?





*specialthanks*
優梨杏。様
ゆぅぱぱ。様
梨代様



この作品のキーワード
姫亜。  野球  甲子園  純愛    約束  田舎  幼なじみ  関西弁  切ない