「呉羽、誠くん。野球見たいか?」







ある日突然、5歳だった私達に投げ掛けられた一言。







「やきゅう?」



「せいくん、やきゅうしらんの?



なげたぼーるをうって、はしるんやで」