大きな屋敷の庭園に十代半ばぐらいの少年と少年よりいくつか年下の少女がいた。

 空は晴れ渡り、春の暖かな陽射しに包まれている。

そんな気持ちのよい空模様とは裏腹に、いつもははにかむような笑顔を見せる少女が、ずっと沈んだ表情を浮かべていた。
 話していても心ここあらずな状態だ。
 元気のない少女に気付いた少年は、心配そうに少女の顔を覗き込んだ。




「どうした? 元気ないみたいだけど」

「……あのね……父さまと母さまが離婚するんだって……。
 それで私と母さまは家を出て行かなきゃダメだって。
 出て行ったらエルの所から遠くなるから、抜け出して会うことも出来ないかも」


 少女の両親が不仲なのは少年も知っていた。
 いつかそうなるとは思っていたがこんなに早く来てしまい動揺が隠せない。

 ただでさえ、少年の身分では中々会う時間が取れないというのに………。
 この家から少女が出て行ってしまったら、今までのようには会えなくなるだろうと少年の顔にも悲しみが浮かぶ。

 少女にとって両親の離婚自体はなんら問題ではなかった。

 むしろ、母親と共にこの家から離れられて嬉しいとすら思える。
 しかし、それにより目の前の少年と会えなくなる事の方が何倍も問題だった。

 ずっと心の支えとなってくれていた少年。
 身分から言っても、もう二度と会えなくなる可能性だってある。
 今こうして会えている事すら例外なのだ。


 とうとう少女は耐えきれず今日の空のような瞳から涙が溢れ頬を伝う。

 少女の涙におろおろと狼狽える少年は、今日渡そうとポケットの中に入れてあった物がある事を思い出した。



「ほら、これをあげるから泣き止んで」

「……これ何?」


 何とか少女の気を逸らそうと少年が差し出したのは二つのペンダント。
 翼のレリーフが彫られ、二つのペンダントを合わせると一つの模様になる対のペンダントだった。
 それぞれには、お互いの瞳の色である緑色と水色の石がはめ込まれている。


「きれい……」

「気に入ってくれたみたいで良かった。
 このペンダントは、二つで一つなんだ
 離れていても忘れないように、また会えるようにってお守りだよ」



 少女の首に手を回して少年の瞳の色と同じ緑色の石が埋められた方のペンダントを付け、自らは少女と同じ瞳の色である水色の石のペンダントを首に掛けた。






「大丈夫、必ずまた会に行くから……。待ってて、ユイ」




この作品のキーワード
魔法  学園  王子  貴族  溺愛  執着  ファンタジー  恋愛  最強 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。