「この間の食事会どうだった?
 またレイス様暴走したんじゃない?」

「うん、今回は特に大変だったよ……」


 ルエルと話しながら学園の廊下を歩き、その時を思い出してユイは苦笑いする。


「相変わらずみたいねレイス様は」


 ルエルがレイスと初めてあったのはユイの父親になって直後の事だ。

 ユイの母親が再婚する話は聞いていたのだが、新しい父親がユイの友人と会ってみたいとルエル、ゲイン、フィニーの3人でレイスの父親の家に遊びに行ったことがある。

 最初、ルエルに対し優しい笑顔と丁寧な物腰で全員が優しい紳士という好印象を持った。

 だがしかし、ゲインとフィニーの男二人を見た瞬間レイスの目がギラリと剣呑に光った。
 その顔は確かに笑顔なのだが目が全く笑っていなかった。

 ユイと付き合っているのか、好きなのかと次々問いただし、あまりの鬼気迫る勢いに二人は身の危険を感じたが、シェリナに諫められ何とか事なきを得た。

 ちなみに、ルエルが今まで言い寄る男からユイを守っていると知ると、レイスに大層気に入られ、それからは定期的に近況報告をしている。
 内容は主にユイに言い寄ってくる害虫の事だ。



この作品のキーワード
魔法  学園  王子  貴族  溺愛  執着  ファンタジー  恋愛  最強 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。