高校の卒業式の朝…
桐谷 ミレイは突然現れた死神だと名乗る男に、最後の願いを叶えるために現れたと告げられる

自分の死を受け入れたミレイは考えたあげく、ある望みを口にするのだが、それはちょっと切ない願いで…

青春ラブコメファンタジー小説です

この作品のキーワード
ラブコメ  卒業式  死神  ファンタジー  自称ヤンキー  SF  学級委員長