無駄だと分かっている。



見放されたと分かっている。



それでも、女は待ち続ける――。




※一部編集しました。


この作品のキーワード
平安  貴族  正妻 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。