「いや、実は忘れてたんだが、こないだの24日にお前宛てに外国から小包が届いたんだよな。で、お父さん英語は読めないけど、差出人の名前だけは分かったんだ。それで……」



小包の、差出人は、……楓……。



「楓君というのか、彼、実はお前が引っ越してから二ヶ月ぐらい、毎週必ず一回はうちに来てたんだよ。ほら、お前が彼には絶対行き先を教えるなって言ったから、最初はストーカーだと思ってたんだよな。でも、彼の話を聞いたらどうも……」



どういう事だ?と、不安気に、父は訊ねた。



「……なんでもないよ。この人とは、もう終わった仲だから……」



わたしが引っ越した後、楓からは結構頻繁に携帯に着信があったのは知っている。

でも楓の番号は着拒にしていたし、咲希や多希の世話で忙しく、とてもじゃないが心の中に楓を住まわす余裕なんて全然無かった。



そのうち、パタリと電話がかかって来なくなったから、楓との仲は、もう自然消滅したものだとばかり思っていた。





それが、なんで今更小包なんて……。


しかも、クリスマスに?




とにかく気になるから開けるだけは開けてみようと思い、小包を持って自分の部屋へと戻った。



少し震える手で、鋏を持ち、端をゆっくり切り離していく。



中から出てきたのは、クリスマスカラーの包装紙に包まれた、小さな箱だった。



金色のリボンの結び目に、小さな二つ折りのカードが挟まっている。



ゆっくりと、そのカードを開いてみた。



――今まで、苦しめて本当にごめん――


――もう、絶対に泣かせないから――


――今は行けないけど、桜が咲いたら
君を迎えにいきます――