むせかえるような、金木犀の甘い香りに包まれて、姉の野辺送りが行われた。

雲一つ無い、澄みきった秋の空に高く、姉は昇っていった。





.