卵焼きは責任をもって優真くんのお皿にのせた。



5個中3つ入れて…

私は2つ。


これは優真くんの意志ではなく強制だ。




「焦げ焦げ」

『優真くんが悪い』

「これからもっと焦げさせよう」




何て言って…

冗談を笑いに変えた優真くん。




朝からご機嫌だった。


今日、優真くんは午前中仕事が休みだったため、学校まで送ってってもらった。



『バイバイ』

「ちゅしよ」




キスをして…学校に行った。


最近はイジメというより…

話さないという感じ。




私が指輪をしているから、さすがに…ヤバいと感じたのかな。



1人で寂しいと思う時もあるけど…楽。





この作品のキーワード
芸能人  歌手  一般人  恋愛  結婚  子ども  妊娠  出産  友達  幸せ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。