チリン、チリン、チリン……


柴田さんが出してきた気の早い風鈴が、夏を告げる。

お仕事を休憩して、みんなは買ってきたアイスに齧りついていた。


「ふわぁ~、まったく、今日は真夏だな」

「ガリガリ君って美味しいですね」


両先生は午後からも、地裁へ出向かなければいけない忙しい日だ。

激務の合間の一休み。

少しでも、クールダウンできればいいな。


「ねえ、先生?」


柴田さんがチョコミントバーのチョコレートコーティング部分をバリバリと噛み砕きながら剣淵先生に話しかける。


「何、柴田さん。」

「その人って、ずーっとこのまま姿を現さないつもりですかね。」

「ん?」


何の事、というように先生は眉を上げた。

その一瞬の表情が、以前ミニシアターで見かけた50年代のアメリカ映画で活躍した名優によく似ていて、ドキリとする。


「“S.S”さんですよ。さっき詩織ちゃんとも話してたんだけど、もうかれこれ三年になるわよね。」

「三年……?そうか…そんなになるんだなあ…」


先生は記憶をたどるように窓から見える空を見上げた。


「ねえ先生、もしも、よ。その人が目の前に現れたらどうします?」

「あん?」

「『私がS.Sです』って、事務所を訪ねてきたら、先生どうします?」


柴田さんは、私にとってはドッキリするような鋭い質問を
ストレートに投げかけた。


(ちょっとぉー柴田さん!そんな事さらっと聞かないでよ~…)


先生がなんて答えるのか聞くのが怖くて、心臓がドキドキと速度を上げた。

質問した柴田さんはもちろん、安城先生も、剣淵先生の答えに注目している。


もしも…『紫のバラの人』が、先生の目の前に現れたら、先生はどうするの―――


「そりゃあもちろん」



先生の答えに、皆がゴクリと唾を飲み込む。




「求婚するさ。」



 

この作品のキーワード
オフィスラブ  年の差  弁護士  ほのぼの  じれじれ  すれ違い  年上  切ない