3年程交際していた相手の浮気現場を目撃してしまった猪俣笑実《いのまた えみ》。
 降りしきる雨に打たれながら、どうすることも出来ず佇んでいた笑実にぞんざいな言葉を掛けてきたのは。古本·貸本屋店主の箕浪《みなみ》だった。
 後に、笑実は運ばれた店内で出会った喜多《きた》から、ある提案を受けることになる――。

 ※完結済みですが、大賞エントリーに伴い一部修正、変更しています。

この作品のキーワード
探偵  ダメ御曹司  求愛  強引  社会人  浮気 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。