『青い空。白い雲。世界の果てまで続いていそうな海を見つめて少女は立つ。

右手にはナイフ、左手には魚肉ソーセージを持って、彼女はまだ見ぬ明日へと進んで行く。』