私たちが宿泊する伊豆のホテルは、白浜海岸がすぐ目の前のリゾートホテルだった。



「わーっ、目の前がすぐ海岸だ!」



障子窓を開け、クンクンと鼻を鳴らすと、塩の匂いがする。

ちなみに眼下には今は使われていないプールが見えた。


今現在、微妙にシーズンオフで、だからこそ安く社員旅行に来れたのだ。
夏休みが始まれば、きっとこの周辺は家族連れでごった返すに違いない。



「来月からだったらプールに入れたのにね。ざんねーん」

と、紗江子。



「目の前が海なのに、プールってもったいなくないですかぁ?」

と、伴ちゃん。

二人は持ってきた荷物をほどきながら、このあとどこへ行こうかと、相談を始めた。



この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  元カレ  元カノ  メガネ男子  片思い  ラブコメ  胸キュン  甘々  社内恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。