そのまままっすぐ帰ればいいものを、なぜか私の足は、本当に会社へと向かっていた。


腕時計に目を落とすと、まだ21時前だ。

企画営業部の明かりがついているのも見える。


きっと誰かが残業しているんだろう。


そうだ。せっかくだから仕事して行こうかな。

部長に没にされた企画書でも練り直そう……。

仕事をすれば、頭が冷えるに違いない。


ため息をつき、近くの自販機で缶コーヒーを買ってから、もう一度会社へと入る。


廊下は節電のため、ほとんど真っ暗だった。

ところどころ、非常灯がついているくらいだ。


目指す企画営業部は、外から見た時と変わらず、灯りが漏れている。

にしても、金曜日の夜に、誰が残っているんだろう?



この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  元カレ  元カノ  メガネ男子  片思い  ラブコメ  胸キュン  甘々  社内恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。