彼女の秘密を知ってしまったその日から、僕らの不思議な関係は始まった。


「私には絶対に触れないで」

そう言って、僕の目の前で自分を慰める彼女。

その行為を見せあう僕たちって、

友達?恋人?それともセフレ?

一体なんなんだろう…。


彼女の秘密、そしてその先に見えた僕の想い。

それは誰にも秘密の、僕と彼女の物語。





この作品のキーワード
年下  トラウマ  1人エッチ  純愛  初恋  欲情  不器用  切ない  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。