キスに慣れていない愛は、途中で息苦しくなってきたのか
俺の胸を、叩き始めた。

それに気が付いて

「ごめん、ごめん。初心者の愛には、辛かったね!クククッ」

「颯太!、酷い。どうせ、キスもしたことないですよ!」

「えっ・・・愛、それって・・・・。」

愛は真っ赤な顔になりながら

「今のがファーストキスです・・・・」

そう言うと、プイッ と、顔を背けた。

そんな愛が可愛くて、

「じゃー、これから勉強だな!」と、ニヤリと、片方の口元を上げた。

「・・・・・・知らない・・・・・・」

そう言いながら、愛はリビングに入って行った。

颯太は、スーツケースを置き去りにして、愛の後を追い

改めて愛に

「愛、こっちに来て・・・」

「・・・・・・・・」

愛は、颯太に言われたように、ソファーに座った。

この作品のキーワード
政略結婚  専務  愛人  出産  妊娠  再婚  不倫  副社長  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。