はい!?



「え、ちょっと待って…、
なんで亜紀が知ってるのよっ。」



私はノロケるのが苦手だし、

そう言うことは言わない…はず。



「だって、見なよ、美衣。
あの建の嬉しそうな顔っ!」



亜紀にそう言われて、あっという間に皆の中心にいる建を見た。



「…たしかに嬉しそうだけど…。」



でもそれって皆と話してるからじゃないの?



「バッカだねぇ、美衣は!
建くん、あんたにベタぼれなのに…。

美衣は意識しなさすぎ!」



そんなこといったって…。



「それに美衣はこーんなに美少女なのに、それをいかさないとか…。

ほんとにバカだねぇ…。」



はぁ?!


私はびっくりして亜紀の顔をバッと見て、全力で否定した。



「美少女とか、私のどこにあてはまんのよっ!!
亜紀、目、大丈夫…?」



そういったら、目にも止まらぬ早さで、

私は亜紀のチョップをくらった。



「おかしいのは美衣だってば!!

…まったく…、強きな性格直せばいいのに…。」



「直せったって…、昔からこの性格だもん…。」



「はいはい、拗ねない拗ねないっ。」



そんなやりとりをしてたら、
チャイムがなった。



あーあ…、これからホームルームが終わったらダルい授業が始まるのか…。



そう思いながら私は自分の席で姿勢を正した。