「建?どうしたの?」




私がそう聞くと、
建はニカッと笑ってこう言った。



「美衣っ、今日、放課後デートしねぇ?」




放課後デート?




「…はぁ?いきなりどうしたわけ?」



あ、私、今冷たかったかも。


私がそう思って建の顔をちらりと見ると、

建はそんなのお構い無し、と言うような顔で笑っていた。


そしてこう言った。




「だって、美衣が足りないんだもん(笑)」




…………!?



「は…、い、意味わかんない…。」



「分かんなくてもいーよっ、とりあえず放課後、デートするんだからなっ!」



建はそれだけ言うと、私の前から去っていった。



もう…、分からないわけないじゃん…。



「はぁ…、あっつ…。」



私はそう呟いて、顔が赤くなっているのも分かった。



「…ほんと、おあついねぇ…君たち。」



亜紀もそう呟いてこちらを呆れ顔で見ていた。