今日から 入学式!
念願の高校。
「華菜ぁ おはよぉ!」
そう、私は 相谷華菜。
そして この子は
私の親友、木谷真智。
「真智!おはよ!」
ハイタッチをしながら
また歩き始める。
「ねぇねぇ、良い男
見つけた?」
真智は、可愛くて
モテるから、いつも
聞いてくる。
「まぁ、華菜に聞いても
意味ないか。」
「ちょっとぉ、ひどくなーい?」
「そぉ?一途な子には、わからないでしょ?」
えへへ と照れ笑いしながら 教室に入る。
私は、中学から片思いしている。
中学の時、告白すればよかったな。
と後悔している。
「もぅ、だから告れば
よかったのに。」
嫌みっぽく言って
担任が来た。
「おーい、席つけー。」
ガタガタと座る。
あれ?隣いないな。