コンコンと控えめなノックの音で私は目が覚めた。

泣きながら眠っていたみたいだ…

「愛夜、入っていいかな…?」

悠兄の声が聞こえる。

「さっきのこと…ちゃんと話させてくれないか?」

私はドアに近づいてそっと開けた。

ドアの前にはお兄ちゃん達が心配そうな顔をしていた。

「いいよ、入って…」

そう言うと私はベットに戻ってぬいぐるみを抱えた。

お兄ちゃん達は床に座った。

そして悠兄は静かに話し始めた。