日常を塗り替える非日常的な出来事。

“優しくて悲しくて、切なくて。はかない 命の温度だと思った”

――春。大学生になったばかりの湊は、ク ロムの件で落ち込み気味の日々を送ってい た。

「この子はどっから入ってきたんだ?鍵は 閉めて出たし……」

一人暮らしのアパートに帰宅すると、見知 らぬ少女が湊のベッドで眠っていた。

「ウィンクルムちゃんと湊なら、上手くい く予感する!」

神社の神主の息子・然にもらったお守り。

お守りに効果を付与したと言い放つ、命を 司る神・ミコト。

「あそこで我が手を差しのべたら、せっか くのフラグがへし折れてしまうだろう」

黒スーツのイケメン神に、現状を面白がら れ……!?

楽天的な神と友達に囲まれて、色のなかっ た湊の生活は少しずつ変わっていく ――!?











開始 2013.04.10
完結 2014.06.09

書き直し開始 2013.4.30(火)
時々修正中

2013.12.18(水)タイトル変更

この作品のキーワード
純文学  男目線  ファンタジー    命を司る神  恋愛  友情  大学生  問題提起  黒水晶の世界 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。