男女の仲はホント複雑だ…。



互いに好きで付き合っても、いずれ別れのときを迎えることがある。


別れるために付き合うんじゃないのに、付き合うことが別れにつながるのなら、


最初から付き合わない方がマシだよ…。




キーチと結婚できないとなると、子どもはどうすればいいんだろう…。






そんなことを考えながら、私は校舎へと続く重いガラス扉に手をかけた。



すると、後ろから自分を呼ぶ声がした。


「ミッチー!」


「ねえ、待ってよお…!」


振り向くと、私が今来たのと同じ道を、友実とマサが息を切らして駆けてくる。


「何…、ふたりとも、どうしたの…?」


友実が私のバッグを差し出した。


「どうしたもこうしたもないよ。ミッチ、これ忘れてったでしょ?持ってきてあげたんだよ」


キーチのことで頭がいっぱいだった私は、食堂にバッグを置き忘れてきていたのだった。


「あ…、ごめん…。ありがと」


友実からバッグを受け取ると、今度はマサがぶっきらぼうに聞いてきた。

この作品のキーワード
先生  妊娠  出産  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。