『ミスフォーチュンズ・ネバー・カム・シングリー』



…“不幸は決して単独では来ない”




日本語でも『泣き面に蜂』『弱り目に祟り目』などということわざがあるが、


ホント、不幸なことって重なるときには重なるものだ。




突然妊娠が発覚し、最愛の人に振られ、親友だと思っていた人に告白された日からもう3週間くらいが経っていた。



衣更えが終わり、町もだんだん秋色に変わってきたというのに、私の心はあの9月の日から動けずにいる。





キーチのことはやはり忘れられずはずがなく、ちょっとしたときなどに彼のことを考えていた。




マサの申し出に対する返事はとりあえず保留にさせてもらっていた。


自分の中で答えはもう出ていたが、それを伝えた後のマサとの関係が壊れるのが怖くて、私はひたすら逃げていた。

この作品のキーワード
先生  妊娠  出産  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。