雲が月を覆い、星ひとつ見えない暗い夜だった。


タクシーは病院の前で私達を降ろすと、またすぐ闇の中へと消えていった。




病院に入るとまおちゃんが受付で話をしてくれ、私は看護師から診察室1番に入るよう言われた。


そこに入るのは約3週間ぶりだった。




私はまたあの奇妙な椅子の上に座らされ、カーテン越しに医師の診察を受けた。


「切迫流産ですね」




「切迫、流産…」






予想通り『流産』という言葉を聞いて、胸がつぶれそうになった。




「赤ちゃん…、死んじゃったんですか…?」




「いや…。切迫流産というのは流産になりかけている状態のことを言って、流産ではありませんので…」


「じゃあ赤ちゃんは…」


「大丈夫、まだ生きてますよ」






…体の力が一気に抜けた。


赤ちゃんが死んでしまったのではないかと心配していた私は、医師の言葉に泣きそうになった。

この作品のキーワード
先生  妊娠  出産  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。