最近また旺介さんの帰りが遅い。
最後に夕食を一緒に食べたのはもう1週間も前だ。

旺介さんと過ごすのもあと2週間ほどしかない。

このまま何事も無く終わってしまうよりは
何か行動を起こしたほうがいいのでは、私はそんな事を思っていた。

どうせもう2度と会える事もないのなら、
好きだと伝えて粉々に砕け散ってしまったほうが
後悔しなくていいのかもしれない。

一日一日と終わりの日が近づくにつれて私の心は焦り始めていた。



この作品のキーワード
契約  偽装  結婚  年の差  ペット  大人  社長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。