今日は朝から何となく落ち着かない。

それもそのはず、今日はお昼からこの家に、
私の勤めていた会社の同僚たちが遊びに来るのだ。

男女合わせて5人。
その中にはもちろんタケルくんも含まれている。

前から同僚たちには家に遊びに行きたいとせがまれていた。
けれど私には旺介さんにそんな図々しいお願いが出来るはずも無く、
同僚たちには何とか誤魔化してきた。

けれどこの家に来てもう一ヶ月、
私には友達を呼んでもいいかどうかくらい(旺介さんが優しいのをいい事に)
お願い出来るようになっていた。



この作品のキーワード
契約  偽装  結婚  年の差  ペット  大人  社長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。