いつからか



私の中に違和感は存在するようになりました。







さて、クイズの時間です。







私「この違和感は何...?」