「千夏、おはよう。昨日のお見合いどうだったの?上手くいきそうなの?」



会社に出勤すると紗季さんは早速、昨日の事を聞いてきた。



「紗季さん……、その事はあまり話題にしたくないんですけど」



「もしかして駄目だったの?」


「……最悪です」



「そうなの?残念だったわね。またいい人が現れるわよ」


紗季さんは誤解していた。


「その人とは付き合うことになったんですけど、本当に最悪です」



「えっ?だって最悪だって言ったじゃない。
駄目になったんじゃないの?」


「えーとうまく説明できないんですけど、とりあえずお付き合いする事になりました」


3ヶ月だけだけど……



「千夏の話しは良く分からないんだけど。
それで、どうして最悪なの?」



どうしてか?それを知りたいのは私の方だ。



何でこんな状況に陥ってしまったのか?


「紗季さん、子会社の人なんですけど……東條雅人って男の人を知ってますか?」



「えっ……今、東條って言った?」


「あっ、はい。東條雅人って人ですけど……?」


この作品のキーワード
偽り  お見合い  婚約者  復讐  bar  お酒  結婚