多くの車の流れから反れて横道へ入れば、途端にあたりの暗さが増した。

電灯と住宅から漏れる明かりだけでは、車内の暗さまでをも払拭することは出来なかった。

隣に座る卓人が、窓の外に目を向けたまま何も喋らないから余計だ。

と言っても、紗矢も自分から言葉を発しようとは思わなかった。

ただぼんやりと、運転席でハンドルを握る初老の男性の後頭部を見つめていた。

男性は燕尾服を纏っている。

峰岸家の執事と言って間違いはないだろう。

何となしにバックミラーへと視線を流せば、目尻に皺のあるその人と目が合った。

紗矢は慌てて視線を足下へ落とし、込み上げてくる気まずさを捨てようと静かに息を吐いた。


「あっ、この辺りでいいや。停まってくれる?」


突然、今気がついたような声音で卓人が運転手に声を掛けた。

すぐさま「かしこまりました」という低い声が返ってきて、緩やかに停車する。

この作品のキーワード
ファンタジー  甘い  切ない    一途  微和風  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。