★★★★★
溢れる恋
ずっと好きだった彼に気持ちを伝えられなかった、高校最後のバレンタイン。

好きだからこそ、拒否されるのが怖くて「好き」の一言が言えなかった。


けれど、それから5年後の同窓会。
もう終わったと思っていた恋が、再び動き出す──。

一途な想いが溢れるほど詰まった、素敵な恋。

胸キュン必至のオトナ恋愛です。

ぜひ、ご一読ください!
日生春歌
13/11/02 22:51

>>新着レビュー一覧へ