3月の上旬。



ついさっきまで雨が降っていたせいか、快晴の空には虹が掛かっていた。




私は虹をぼーっと見つめていると、


街を歩いている2人の中学生のカップルが仲良さそうに登校している。


私、一ノ宮 ありさ



私が今いる場所は、有名な旅行会社の企画・案内部の社員。



徹夜明けだから部屋には誰もいない。



私は中学生のカップルを再び見た。




2人の男女が楽しそうに登校している姿を見たら、


なんだか自分の中学生時代の彼氏のことを思い出した。






この作品のキーワード
切ない  後悔  過去  初恋  俺様  先輩  中学生  ドキドキ  ラブコメ  ファンタジー