部活中。



「あっ!!私忘れ物しちゃったからいい子にしててね皆さん」



みんなにそう言って教室に忘れ物を取りに行った。



教室について忘れ物を取って部室に戻ろうとしたとき、


誰かが廊下で話しているのが聞こえた。



「あゆみ、どうなの?うまくいきそうなの?」



私は咄嗟に教室の教卓の下に隠れた。



今あゆみって言った?

「もちろんよ、すべて上手くいくわ。」



聞こえてきたのはあゆみちゃんと、


その取り巻きの1人の声。



「でも、1人敵がいるんでしょ?」



「あんなヤツライバルでもなんでもないわ。


ただの女狐よ。


まぁあの女狐は先輩のこ本気で好きみたいだけど」




「まぁあゆみの手にかかれば、なんでもないわよね」


・・・。




女狐ってきっと私のことね。


「あんな女狐を好きになる先輩もどうかしてるわ。


きっと低脳な男なのねぇ」



はぁ!?今涼晴先輩のこと『低脳』って言ったぁ!?


もうマジ我慢できない!!



「ちょっと小川 あゆみちゃん!!!」



私は気がつけば、小川あゆみちゃんに声をかけていた。


この作品のキーワード
切ない  後悔  過去  初恋  俺様  先輩  中学生  ドキドキ  ラブコメ  ファンタジー