デイジーレコードに超特急で向かった私。
(『helix』とデイジーレコードはそう離れてはいない)



「なんだ、その格好……」



片手にはコンビニの袋。七分丈のボーダーカットソーにデニム。スニーカーといういでたちの私を見て、
一階のエントランスで出迎えに立っていた池中が、眉をぎゅっと寄せてため息をついた。



「だ、だって、仕方ないでしょ、今すぐ来いなんて言うから!」



ごもっともな指摘をうけ一瞬赤面する。さすがの私も、この格好で社内に入るのは抵抗があったけれど仕方ない。

こういうもんですと開き直って、池中と一緒にデイジーレコード内に足を踏み入れた。



「ねえ、私いったいどうして呼ばれたわけ?」

「お前も一応メンバーだから」

「え? なんの?」

「まあ、いいから」



相変わらず詳しく説明する気がなさそうな池中はさっさとエレベーターに乗った。

降りた先は会議室や打ち合わせ室が並ぶフロアー。


それから池中はスタスタと先を歩くので、私もとりあえず彼の斜め後ろを歩き、そしてドアが開け放たれている会議室へと足を踏み入れた。



この作品のキーワード
バンド  音楽  オフィスラブ  ラブコメ  胸キュン  青春  腹黒  青天目ビル  イケメン