…今のは完全に油断してた。


美樹さんの触れてほしくないところを触れてしまった。


みんなで、決めたことなのに…っ!


今回は眠ってくれたからよかった。


美樹さんはなぜかこの話をしてしまった後、誰かの腕に収まると、眠るんだよな…


一回、眠らなかったときはヤバかった。


目を話すとすぐ、自殺しそうになって大変だった。


まぁ、今はまだそーゆうことにはならないようになったから、マシだけどな。


この作品のキーワード
    逆ハーレム  女総長    暴走族  イケメン  過去  仲間 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。