陣「………


俺には母親がいない。
俺を産んですぐ他の男のとこに行っちまった。

ま、簡単に言うと俺と親父を捨てたんだ。

で、親父は産まれたばかりの俺を育てながら働いていた。
でも、だんだん親父は壊れていった。
俺が3歳になってすぐのころくらいから俺に暴力を振るってきた。

俺は小さくて何もできなかった。
ただ、耐えることしかできなくて…
そして、そんなことが中学まで続いた。

でも、俺はもう親父の暴力に耐えられなくなった。
年を重ねて幾たび酷くなる親父の暴力に…

そして、俺は中学1年のころ、初めて反撃した。
親父は力が弱いのか、俺が強くなったのか簡単に押さえ込めた。
そして、今まで溜め込んできた怒りを爆発させた。

その時、『なんだ、こんな簡単だったんだ』って思った。

俺はそれ以来、親父に暴力を振るわれなくなった。
でも、俺は今まで溜め込んできたものがそんな簡単になくなるわけなくて、毎日イライラしてた。

だから、街に出てそのイライラを発散させてたんだ。


この作品のキーワード
    逆ハーレム  女総長    暴走族  イケメン  過去  仲間 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。