「もうすぐクリスマスかぁ~。桃華はもちろん狼谷君と一緒に過ごすんでしょ?」


「ん~……。どうなんだろう」


「どうなんだろうって、何よ」


「だって、星哉クリスマスの話しないんだもん」


「だったら自分からすればいいでしょ~?」


「まぁそうなんだけどね……」


風邪もすっかり治りクリスマスを再来週に控えた今日、あたしは大きなため息を吐いた。


正直、恋愛初心者のあたしにとって彼氏と過ごすクリスマスは初めてで。


何をすればいいのかもどこにいけばいいのかもさっぱり分からない。

この作品のキーワード
  胸キュン恋愛  ドキドキ恋愛  不良彼氏  同じ学校  高校生  ラブラブ  甘々  いちゃいちゃ  イケメン彼氏