「うーーーっ。寒いっ!!」


厳しい寒さに、手を擦り合わせる。


こんな日に限って委員会が長引いてしまった。


まだ6時すぎだというのに、辺りはもう真っ暗。


つま先はもう感覚がないし、スカートから出ている膝のあたりは痛くてたまらない。


一刻も早く家に帰って、コタツに入ってゴロゴロしたい。

この作品のキーワード
  胸キュン恋愛  ドキドキ恋愛  不良彼氏  同じ学校  高校生  ラブラブ  甘々  いちゃいちゃ  イケメン彼氏