「ゆり…」


男の人は店に入ってくるなりそう告げた。
私は、いきなり呼ばれて、『はい』と答えた。


でも、一言男の人はそう言ったきり、何も言わなかったので、


『あの…何か?』


と告げた…

「だから、ユリ。適当なのを選んでよ」


正直、男の人とお話するのは苦手。
でも急に言われて戸惑いながら


『えっと…どんなお花が好きなんですか?』


と私は聞いた。

「あのさ、、、どんなって?俺ユリって言ったよね。
 ちゃんと聞いてたかな?
 そんなんで、店やっていけるの?」

この作品のキーワード
年上  弁護士    イケメン  俺様  OL  せつない  独占欲  過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。