「あなたはいてもいなくても私の未来にはなんら関係ない」




少女は言う





「私は強い。あなたなんか眼中にないほど強い」




少女は言う





「そんなに自分が大事?」




少女は言う




「結局多力本願なんだね。努力したの?」




少女は言う




「もう疲れた。ほら世界は私が死のうとなんら変わらない、変わってくれない」





そして、少女は絶望する






「次は俺たちが助ける番だ」





少年たちは救えるのか?


この作品のキーワード
厨二病  高校生  ギャク  美少女