そのため露に守ってもらいたい人はいても露も守りたいとゆう人はいなかったのだ














田中露とゆう人間と対等にたてる人間は今までいなかった





田中露を支えようとゆう人間は今までいなかった





田中露を理解しようとゆう人間は今までいなかった





人望が厚くいなくてはならない存在でありいなくなったら替えがきくようなそんな人間なのだ








しかしこれは、本人が望んだことであり本人が悲願したことであり自分を守り維持する方法であったのだ