「はい、コレ。」

ホワイトのBMW3シリーズ。

「…え、あ!ありがとう…。」

車で迎えにきてくれてすぐに、白い紙袋を渡された。

ぐっちゃんは、前を向いたままだ。

少しドキドキした様子を悟られなくて良かった。

エスカーダ。黄色いキャップにショッキングピンクのビン。

甘い、パッションフルーツ系の香り。夏にピッタリだ。

ぐっちゃんに会う時はいつもこの香りと決めていた。

自分に振りかけただけでも、その香りに酔いしれてしまう。

土曜の夜は41(ヨンイチ)も混雑している。

ところが、予約に間に合うかなとか話していると、すぐに時間がすぎて、

夜のネオンを反射しながら、BMがタイムズパークへ滑り込んだ。

ホストが闊歩するプリンセス通りを抜けると、竹垣があり、

その奥の黒いドアを開ける。

コンクリの打ちっ放しの壁が無機質で、店内は薄暗い。

座敷の一角に通された。

「それじゃ、乾杯。」

「乾杯。」

私はとりあえず生。

ぐっちゃんは、あまり飲めないのか、“ゆず小町”。

ゆず小町なんて、可愛らしいお酒を知らなかった私。

ぐっちゃんは美味しいと好んで注文するが、私には全く理解できない。

(全く…どこの女に仕込まれたんだか…。)

反感を覚えるほどだった。

食事を終えて、席を立とうとした時だった。

ヒールを履くのに手間取っていた私の手に、ぐっちゃんの手が重なる。

大きな手のひらから、じんわりと体温が伝わる。

(…え?)

ばっ!

一瞬でぐっちゃんが飛び退いた。

(手を…つないできた訳じゃ…ないのか。)

あんまりにも突然で、あっという間の出来事に、私は何も反応できない。

そして、少しの落胆していった気持ち。

目の前のぐっちゃんはというと、飛び退いたままの姿勢で、目を泳がせている。

会計を済ませて、車に戻る間。

一抹の不安が頭をよぎる。

(もしかして…ぐっちゃんて…童貞なんじゃないの?)

さーっと何かが引いて行く。

と、共に甘酸っぱい記憶が蘇る。

私は、中学3年間。ある人に思いを寄せていた。

彼は、伊藤泰三。同級生。見た目だけが好みのタイプだった。