「社長…男の嫉妬はみっともないですよ」



優也が俺に向かってハッキリと言い放つ。



「…うるさい!」




俺は本当のコトを言われて我慢できず、優也を一喝した。



自分でもわかってる。それなのに、深幸の周囲の男を排除したくなる。


深幸には自分だけを見つめて欲しいと言うか…



束縛したくなるんだーーー・・・



深幸の存在が俺の中に深く入り込み過ぎてる。


いや、俺が深幸を深く愛しすぎてるのかもしれない。



この作品のキーワード
イケメン  隣人愛  社長  セレブ  続編  秘書  執事  逆ハーレム  神宮寺家