「ん…。」



目を覚ますと、白い天井…。



私に、繋がれた無数の線。


酸素マスクが付けられているようだ。




喉がカラカラ…。





お腹空いた。



横目で、見ると…。


妹の里穂が居た。

そして、抱かれている赤ちゃん。


「り……ほ…。」


「おっ…姉…ちゃん?」


悲しそうな顔。

絶望の顔…。



「……?り…ほ?」



「いっ、今

先生呼んで来る!」


泣きながら、病室を出た。


よく見たら、里穂は大人っぽくなった。


赤ちゃんは、里穂の…って訳ないか。

だって、妊娠してるなんて

聞いてなかったしね。


早く、直夜さんに会いたい!!

一刻も早く!


「あ…れ…?」




カレンダーを見ると、可笑しい。



何で?



事故にあったのは、




冬でしょ?




今、夏…。


カレンダーを見ると、

あの事故から

3年が経ってるようだ。



「うそ…でしょ…?」



これは、


何かの間違えでしょ?


誰か…


教えて!!