荷物の整理も終わり、2人はリビングで寛いでいると、花菜が急に何かを思い出し、叫んだ。








「あっ!奏大さん、大変です」

「…どうした」

「食材を買ってくるのを忘れてしまいました」

「…それなら今から買いに行くか。まだ時間も早いし、買って帰ってきても、あまり遅くならないだろう」

「良いんですか?」

「あぁ」

「ありがとうございます。この格好(着物)でも大丈夫ですか?」

「あぁ、構わない」

「じゃぁ、行きましょうか」







奏大は車のキーを取り、食料を買いに、スーパーに向かった。












「何が食べたいですか?」

「時間も時間だし、簡単なもので良い」

「何にしようかなぁ~」








花菜は食材を見ながら何を作ろうかと考えていた。
その後ろ姿はとても楽しそうで、そんな花菜の姿を奏大は微笑んで見ていた。



この作品のキーワード
シスコン  政略結婚  婚約者  大人  高校生  溺愛  甘々  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。