心配していたお母さんには自宅に電話を掛けて報告。



「初めまして…俺は東亜医科大付属病院で小児科医師して勤務しています諏訪部圭吾と申します。お嬢様の美紅さんと話し合い…生まれてくる子供の為にも結婚するコトを決めました。本来なら自宅に足を運び…報告しなければいけないのですが…仕事の方が多忙でなかなか伺うコトはできません。本当にこのような大切なコトを電話で失礼します。近日中には必ず、挨拶に伺いますので…よろしくお願いします」



ーーーーー丁重な挨拶ありがとうございます。娘を幸せにしてください



「はい…」



圭吾は母に話をしてくれた。



「ほら」



圭吾は私に受話器を返した。



「もしもし・・・」


ーーーーーお医者様だったのね



「うん、まぁ…瑠果のよく知るお医者様…私よりも4歳年上…お父さんにはもう少し内緒にしておいてね」



ーーーーーそうね。わかったわ








この作品のキーワード
医者  令嬢  玉の輿  イケメン  俺様  近未来  出産  デキ婚     

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。