「いやああああああっ!」





そう叫んで目を開けた時、私は自分の部屋にいた。


時計を見ると午前7時。


窓から射す光が、朝の訪れを告げている。


何が起こったの? あれは夢だったの?


夢にしては、妙にリアルな感覚が残っている。


私達は、夜の学校にいて、それで「赤い人」に殺された。


あの痛くて苦しい感覚は、今でも覚えている。





首を……切られたの?


それとも身体みたいに、ちぎられたの?


そっと首に手を当ててみると、確かに感じる痛み。


寝違えたのか、どこかにぶつけたのかはわからない。


「きっと……夢だったんだよね……」


そう思いながら、昨日枕の下に入れた携帯電話を取ろうと、枕を持ち上げる。



……あれ? 昨日入れたはずなのに。


そこにあるはずの携帯電話は、そこにはなかったのだ。


おかしいなと、部屋を見回すと、携帯電話は机の上の充電器に置かれていた。


私、あんな所に置いてないよね?


首を傾げて机に歩み寄り、携帯電話を手に取って、メールボックスを開いた。


昨日の夜、わけのわからないメールが送られてきていたはずだけど。


しかし、そこには、あの大量のメールはない。

この作品のキーワード
ホラー  赤い人  高校生  恋愛  学校  呪い  切ない  恐怖    泣ける 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。