また、「昨日」の朝が訪れた。


理恵は……どうなったのだろう?


なぜ、理恵が振り返って「赤い人」が来たのだろう?


どこかで「赤い人」を見てしまったのかな?


そう言えば、昨夜の理恵は、どこかおかしかった。


保健室に行く時に、わざわざ玄関のドアを確かめに行ったり、音楽室に着くまで、前しかみていなかったり。


どうして玄関のドアを? 考えれば不自然だ。


もしかして、「赤い人」をこの時点ですでに見ていたんじゃないだろうか?


だから、振り返らずに玄関のドアを経由して廊下に戻ったんだ。


そこまでで、「赤い人」を見た可能性がある場所はと言えば……。


「……階段だ」


そう呟きながら、私はベッドの上で目を開けた。


旧校舎から戻る時かな?とも思ったけど、階段で歌が聞こえた時には振り返っていたから。


たぶん、その時に上を見て、「赤い人」の一部分でも目にしてしまったんだと思う。


それにしても、健司の精神状態があれほどひどかったなんて、考えもしなかった。


もともと無口だから、何を考えているかわからない所はあったけど……。


だからと言って、皆は許さないだろう。

この作品のキーワード
ホラー  赤い人  高校生  恋愛  学校  呪い  切ない  恐怖    泣ける 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。