もう、何日目の「昨日」だろう……。


昨夜は、何とか遥のカラダを棺桶に納める事ができたけれど。


学校に行く事が、日に日に嫌になって行く。


だったら、行かないという選択肢もあるけど、情報交換も必要だし、何よりも、皆が喧嘩をしないか心配だ。


「はぁ……気が重いなあ。身体も痛いし」


昨夜の、死ぬ間際の痛みはひどかった。


息をしようとしてもできないし、意識が無くなるまでの間、激痛に苦しんだ。


いっそ……ショック死した方が楽だったのに。


あの空間では、それすらさせてくれないのだろう。


そんな事を考えながら、私はゆっくりと目を開けた。


見慣れた天井に、見慣れた部屋。


そして、いつも通りの「昨日」の朝。


後、何回この朝を繰り返せば、私達は明日を迎える事ができるのだろう。


ベッドから脚を下ろして、学校に行く準備をする為に立ち上がった。


机の上の充電器に置かれた携帯電話。


ここから取るのも、もう飽きた。


だって、考えてみれば、日中に入って来るメールや、かかってくる電話の内容は知っているし、バッテリー残量が無くなったとしても、朝が来ればここに置かれているのだから。

この作品のキーワード
ホラー  赤い人  高校生  恋愛  学校  呪い  切ない  恐怖    泣ける 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。