歩夢に会いてえな…


こんなこと思ったの始めてだ…



いつも歩夢と一緒だったから…


離れたことなんてなかった…




「・・・・」


熱で体中火照り、重くてダルい中…


俺は右側の壁を見つめた。


その壁の向こうは、歩夢の部屋……


その部屋には、今歩夢はいない。




そう思うと、

なんだか寒く感じた。



それは体ではなく、

心だった。



そんなことを思うのも、人生初だった。