わたしは、わたしの母、桜庭みゆきのお腹の中にいる時から、母や周りの人の言ってることや考えていることを、テレパシーで受け取ることができていたの。


わたしは、母のお腹の中では双子だったのよ。


それは妊娠3ヶ月の時に、産婦人科のお医者さんからみつけてもらったの。


「あれっ?双子ちゃんですね〜」


な〜んてお医者さんは簡単に母みゆきに伝えたのよ。
その時の母の心境はこうだったの。


ーえっ?双子?私が?産めるの?育てられるの?ちょっと待って頭が回らない。この先生のーてんきに言ってくれちゃってるけど、そんな簡単に言わないでくれないかな。喜びよりも不安になったよー


当時まだ25歳だった母はひとりでは受け止められないことだったのよね。
私はお腹の中でちょっとおかしかったけど。


この作品のキーワード
実話  車椅子    家族  病気  衝撃    障害  出産  子供 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。